債務整理案件の1つ1つを徹底レビュー

債務整理の種類について

債務整理は法的な債務者の救済手段

債務整理と聞いてもピンとこない人が多いと思います。
債務整理とは簡単に言うと、借金で困っている人が法律に基づいて無理のない返済計画を立てる事が出来るという事です。
債務整理にも種類があり、任意整理・民事再生・自己破産・過払い金という物があります。

債務整理の種類

任意整理のメリット・デメリット

一つずつ説明していくと、任意整理とは、裁判所を通さずにお金を貸した側と借りた側の間で毎月の利息や支払い金額を減額してもらえるよう交渉する事です。
任意整理のデメリットとしては、個人信用情報機関のCICやJICCなどに事故情報が記載されてしまいますので、クレジットカードやローンなどの審査が通らなくなります。

民事再生のメリット・デメリット

民事再生とは、個人再生とも言い自己破産したくない人や自宅や車を手放さずに生活を再建出来る方法です。
また、原則3年間で借金を返済する方法ですので、継続して収入がある事が最低条件です。
この収入がネックになって行えない方がけっこういます。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産とは、任意整理や民事再生を行っても返せない程の借金がある場合、裁判所に申し立てて借金を帳消しに出来る方法です。
任意整理や民事再生よりはデメリットがありますが、借金問題を解決する救済法と言えます。

過払い金申請のメリット・デメリット

過払い金とは、消費者金融などに払い過ぎた利息を返還請求出来る方法です。
現在、テレビCMなどでも過払い金に関して多く放送されており、非常に問題になっております。

弁護士さんに相談して負担を軽くしよう

上記のように、債務整理と言っても借金の種類によって解決方法が違うと言う事が分かります。
借金を返したいが今のままでは返せないと悩んでいる方は、債務整理 弁護士を通して適切に対応する事が大切です。
現在は、インターネットも普及しておりますので、用意に調べる事が出来ると思いますし、今後生活していく上で必ず知っておかなければならない事ですので、正しい知識を身に付けておいた方が良いと思います。

最新のケーススタディ